インテリア

快適リフォーム情報局|無駄なスペースを有効活用

リノベーションの必要性

女性

狭小住宅の概念と言えば、ミニマムな家でも心地よく暮らせるということが挙げられます。そのため、小さな家でもリフォームやリノベーションを行ない、自分らしく暮らす人が増えています。

View Detail

狭小住宅というカタチ

男の人

リノベーションが必要となっている理由にはどんなものがあるのでしょうか?主に都心部では狭小住宅が多いため、リノベーションが必要になる住宅が増えたと言われています。

View Detail

まずは相談

家

リノベーションを行なう業者は優良業者を判断するまでには時間がかかるかも知れませんが、優良業者と契約を結べば必ずあなたの理想にそった家を手に入れることができます。

View Detail

代表的な工夫例

作業員

狭小住宅において凝らされている工夫のいくつかを、今回は挙げてみましょう。それが、この種の住宅に行なわれているリノベーションやリフォームにも繋がっていきます。たとえば、狭い家の中にゆとりをもたせる工夫としてはどんなことが挙げられるか……ということから考えてみると、無駄なスペースを有効に使う、ということです。たとえば頭上から天井までのあいだのスペースを用いて、ロフトを作るようにリフォームを行えば、空間が二重にかさなって出来たことになり、部屋を広く使うことが出来ます。収納スペースをロフトに設置すれば、その分、足もとは広々です。あるいは、吹き抜け構造にして、狭く小さな家を、四方から迫り来る圧迫感から脱させる。ということもあります。開放感だけではなく、大胆に光を取り入れることによって、心にもゆとりが出来るようになるわけです。あるいは、土地が狭く小さいのなら、住宅を高くしてやろうじゃないか、というのもひとつの考え方です。これは狭小住宅の基本的な部分であるとも言われます。三階建てにするというのは。また、大きな家具が移動できるように工夫されているのもひとつあります。使用しないときには移動させてわきにどかしたりすることで、部屋を広々と使えるのです。