インテリア

快適リフォーム情報局|無駄なスペースを有効活用

リノベーションの必要性

女性

すべての話を始める前にまずは前提として、もう少し詳しく狭小住宅の話をしましょう。土地の値段や考え方が違う地域の人にとっては、なかなか馴染みの薄いものであろうからです。狭小住宅のコンセプトとなっているのは、「狭く、小さな土地でどのように快適に過ごすかを考え、実現する」というものです。たとえば都市部の一等地に、デデーンと構えられた宮殿のような家を見ましょう。のびのびとしていて、たっぷりとしたゆとりがあって、余裕の表情を浮かべた貴婦人というイメージです。逆に、狭い土地にひしめき合うように建った集合住宅の中で押しつぶされかけているのが現代社会の庶民のイメージであったわけです。これまではそれを、上記のコンセプトに合わせて変えていったのが、狭小住宅の試みでした。それは具体的にはどういうものなのかというと前の記事に挙げた一例にあったとおり狭い土地を、あるいは狭く小さくしかもカタチの悪い土地をそのカタチを逆手にとって独創的なデザインの住宅を建てるということがあります。土地に合わせる住宅、そしてその上で中にゆとりの工夫を凝らすわけです。その工夫には、機能アップとしてのリノベーションの知識が遺憾なく発揮されています。